気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

秋に向けて、美容してますか??

   

あぁ、風が気持ちがいい・・・。
秋になると、誰もが口にしてしまう魔法の言葉。

そう、秋はとても過ごしやすい季節です。

だけど、暑い夏から寒い冬へと向かう季節の変わり目でもある秋は、
お肌にとっては要注意の時季でもあります。

秋の肌はとゆうと、

  • 抵抗力が落ちている
  • 不安定でデリケートな状態

となっています。

生活環境の変化や日々のストレス等も重なり、
秋に肌トラブルで悩まされる人は増えているのが現状。
また、肌の変調などを自覚されなくても、
そのままの状態でさらに過酷な肌環境が待っている冬に突入してしまうと、
一挙に肌のトラブルや老化現象が表れるということも多々あります。。。

秋の肌状態はとゆうと・・・

『夏の紫外線による肌ダメージを受けた状態であるということ』

『季節の変わり目で肌が敏感でデリケートな状態にあるということ』

『皮脂などの分泌機能の低下、そして空気が乾燥してくること』

といった点に注意しないといけません。

肌をとりまく環境で言えば、冬が最も過酷なように思われますが、
秋も肌にとっては油断ができない要注意な季節なのです。

では、一つ一つ見ていきましょう^^

夏の紫外線の後遺症 ~ 色素沈着

ダメージの原因は、
夏の紫外線の影響によるメラニン生成の活発化。
そしてそれに伴うシミ・ソバカスなどの色素沈着です。

健康的な状態の肌であれば、紫外線が少なくなるにつれ、
メラニン生成量は元の健康な状態に戻っていきます。
生成されたメラニンも新陳代謝とともに排出されていきます。

しかし、肌の状態が適正でないと、
生成されたメラニンがそのまま肌内部に残ることになり、
シミ・ソバカスなどの色素沈着となってしまいます。

夏の紫外線の後遺症 ~ 肌乾燥

ダメージのもうひとつの原因は、夏の紫外線の影響による肌乾燥です。

夏が過ぎ去り、9月10月になってくると、
肌からツヤや滑らかさが失われたようなカサカサとした感じや、
肌が厚く硬くなったようなゴワゴワ感を感じることがありませんか??

これは、紫外線が表皮細胞(角化細胞)に悪影響を与えた結果、
角質層に機能しなくなる細胞が多くなります。
そのため角質層における保湿機能やバリア機能が低下している状態なんです。

また、肌のカサカサ、ゴワゴワ感を自覚してなくても、
夏の紫外線の悪影響は、角質層の保湿機能やバリア機能を低下させていますので、
肌トラブル、肌老化現象の発生の可能性がひそんでいるということになります。

季節の変わり目で敏感・デリケートな秋の肌

秋は、暑い夏から寒い冬へと季節が変わっていく中、
体そのものが外部環境の変化に対応しようとします。

これは、無意識に体調が一種の緊張状態となっていて、
外界の刺激に対して反応しやすくなっている状態なんです。
また、化学物質の多い現代の生活環境がこういった現象に少なからず影響を与えており、
秋も春と同様に、アレルギーに悩まされる人が増えているのが現状です。

肌も、秋になるとカユミやカブレなどのトラブルが発生しやすくなります。
化粧品を変えたわけでもないのに、何故か肌の調子が悪くなることも多々あります。

これは、体調の変化に伴い、肌が外界からの刺激に対して敏感な状態になっているためです。

皮脂は減少傾向そして空気は乾燥傾向

さらに、秋になると、皮脂の量が減少し、
外部からの刺激に対する防御力が弱まり、
肌は乾燥しやすい状態となります。

また、汗をかく量も減少します。
空気は冬に向けてどんどん乾燥していきますから、
肌は慢性的に乾燥状態となり、
外的な刺激に対してさらに敏感な状態となってしまいます。

また、先に述べたように、夏の紫外線でダメージを受けた肌状態であれば、
さらにこういった肌の変調やトラブルが起こりやすくなってしまいます。

こうやって考えると、秋のスキンケアというのはたいへん重要だということが分かります。

ポイントは肌の保湿機能・バリア機能を健全に保つこと

秋の肌を健全な状態に保つために、次の点に注意してお手入れをしていきましょう。

一番のポイントは、肌の保湿機能やバリア機能
正常な状態に戻す、あるいは保つということになります。

特に、重要なのは皮膚最上層の角質層の状態です。

本来、皮膚には外的刺激から肌を守るバリア機能や
肌の水分が失われないようにする保水機能があります。

特に皮膚の一番外側にあるわずか0.02ミリほどの厚さの角質層が
皮膚のバリア機能や保水機能を支えています。

この角質層が何らかの原因により損傷を受けたり機能が低下したりすると、
皮膚トラブルや肌乾燥が発生しやすい状態となってしまいます。

そして、秋の肌の状態は、夏の紫外線の影響により、
この角質層の機能が低下している可能性が高いうえに、
季節の変わり目で外からの刺激に特に敏感になっているということです。

この角質層の機能が正常な状態というのは、
新陳代謝も適正な状態にあるということにつながりますから、
夏の間に大量生産されたメラニンの排出にも良い影響を与えます。

結果的に、シミ・ソバカスの防止策にもつながるわけです。

ですから、日々のスキンケアもこの「角質層を健全に保つ」
ということに注意する必要があります。

そのためには、「肌に対する刺激を極力少なくすること」と
「角質層の水分を十分に保ちバリア機能を正常に保つスキンケア」を心がけないといけません。

まずは肌表面の付着物をきちんとなおかつ優しく取り除くこと

まず重要なのは、
やはり基本ではありますが日々のクレンジングや洗顔です。

クレンジングや洗顔によって、
皮膚表面に付着した様々な刺激物をきれいに取り除くことが必要です。

刺激物というのは、古い皮脂や汗、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、
ある種のアレルギーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料など、様々なモノのコトがいえます。

こういった皮膚に付着する物質・成分を取り除き、
皮膚に与える刺激を極力少なくすることが大切です。

また、本来であれば剥がれ落ちるべき古い角質が、残ってしまっていることがあります。

古い角質が残存していると、肌の保湿機能やバリア機能、
さらには新陳代謝に悪影響を与え、肌は厚く硬くくすんだ状態となってしまいます。

この場合、こういった残存している古い角質は、適度に除去してあげないといけません。

ただし、洗顔によって皮膚に付着した汚れや刺激物、古い角質を取り除くことは必要ですが、
このときに、洗浄力が強すぎるクレンジング剤や洗顔料を使用したり、
肌を強く擦ったりすると、角質層を傷つけてしまい逆にマイナス効果となってしまいます。

角質層が傷つくと、角質層の保湿構造やバリア機能が損傷を受けますので、
刺激物や異物が侵入しやすくなります。

その結果、逆にカブレなど肌トラブルが発生しやすくなってしまいますので、注意が必要です。

保湿対策というと、化粧水・美容液・乳液・クリームなど、
いわゆる与えるスキンケアについては誰もが高い関心を持っていますが、
保湿対策の前提となるのは、肌本来の保湿機能を守ることです。

そのためには、日々の正しいクレンジングや洗顔こそが
肌を健やかに保つための基本条件ということになります。

肌の不要な付着物はきれいに取り除かないといけない、
ただし、その際に肌機能(特に角質層の機能)を傷付けてはいけない、
この相反するようなふたつの事柄を可能とするクレンジングや洗顔が必要となってきます。

杉本彩さんも絶賛 炭酸クレンジング






 - 美容