気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

忘年会・新年会で二日酔いにならないためにできること!!

   

みなさまお酒飲んでますか??忘年会で騒いでいますか??それともしっぽり派ですか??なんにせよ年末年始は何かと忙しい時期。体には負担がかかりやすい上、お酒の席も増えますので二日酔い痛い昨夜、次の日の仕事や予定に支障をきたさないようにしたいところ。でも、ついつい飲みすぎて、、、ありがちですよね。そこで、二日酔いにならない、忘年会などでのお酒の飲み方や対策方法についてご紹介していきますね。

お酒を飲む前の対策として

お酒をいかに消化させれるかが、二日酔いにならないためのキーワードといえます。飲む前の対策としては、胃と肝臓を丈夫な状態にしておくことです。胃と肝臓をアルコールから保護する成分を摂取して、万全な準備をしましょう。例えば、牛乳やチーズなどですね。これらは脂肪分が高く、胃の壁に脂肪の膜を作ってくれますので、アルコールの吸収をゆるやかにする働きをしてくれます。

あとは、今やコンビニなどで簡単に購入することができる、ウコンヘパリーゼなどの栄養ドリンクを摂取することもオススメします。

 

お酒を飲みだしてからの対策として

飲む前後だけでなく、お酒を飲んでる最中にも対策することがあります。一気飲みや場を盛り上げるために飲み過ぎない。と言うことは言うまでもないですよね。あとは、水を適度に飲むことがかなり有効的とされています。体内のアルコール濃度を薄くするためにもお酒を飲んだら、水を飲む。この習慣を自分の中でしっかりと守ることができれば、利尿作用もありますので、体内にアルコールが残りにくくなりますので、ぜひ実践してみてください。

あとは言うまでもなく、”ちゃんぽん”をしないことですね。ビールに焼酎にワインに日本酒に、、、、いろんな種類のお酒を飲みたくなるところですが、今日はビールと日本酒にしよう、明日はワインにしようなど、せいぜい2種類ほどが目安かと思われます。

お酒を飲んだ後の対策として

お酒を飲む前、飲んでる最中に対策を行っても、どうしても二日酔いの症状が出てしまった。。。なんてこともあり得る話ですよね。そんな時は、熱めのシャワーを浴びることも効果的です。熱〜いお湯を浴びることは、血中のアルコール濃度を下げてくれ、二日酔い解消の手助けになると言われています。

またポカリスエットなどの清涼飲料水をできる限りたくさん飲み、血中のアルコール濃度を下げることも、脱・二日酔いには効果が出るでしょう。お酒を飲んだ後、少しアルコールくさ〜い尿が出るのは、きちんとアルコールが分解されて排出されている証拠なんです。どんどん体外へアルコールを出してしまい、体内を正常に戻すことを意識しましょう。

まとめ

体調や状態によっても二日酔いになったりすぐに酔っ払ってしますこともあると思います。そんな時はしっかりと自分のカラダと相談してお酒を飲む分量やペースを考えて飲みましょうね^^連チャンで忘年会がある方もいらっしゃるかと思いますので、上記のことを徹底して、楽しいアルコールライフを過ごしましょうね〜^^

 - イベント, 美容