気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

お歳暮のお礼状の書き方

   

お礼状は、お歳暮を頂いたらすぐに出すべきでしょう。こちらからも既にお歳暮を贈っていた場合でも、それとは別にお礼状を出しておくと、先方からの印象はかなり良くなるでしょう。

お礼状は3日以内に

日数的には、お歳暮が届いてからできる限り3日以内に届くようにするのが理想的と言われています。前もって届くであろうお歳暮が分かっている時などは、あらかじめたたき台としての分面を考えておくとゆうのも、スピーディにお礼状を書く際の手助けとなるかと思います。

ですが、あくまでもお礼状なので、あまり形式的になりすぎず、自分の言葉で感謝を伝えれるようにしましょう。

もし、時間がなかなか取れず、お礼状を出すのが年末で届くのが年始になってしまったら、「年末の忙しさにとり紛れ、お礼を申し遅れまして誠に申し訳ございません」のように、最低限の一文を書き添えて送るようにしましょう。

お歳暮のお礼状のポイント

1.文頭は季節の挨拶から

まず、文頭は季節の挨拶から、12月の季語(初冬、師走、年の瀬、厳寒、歳末など)を用いて書き始めましょう。
書き出しは、行を変え一文字下げること。

(例)
師走の候、初冬の候、歳末の候
歳末を迎え何かとあわただしい季節となりました。
師走の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

2.相手の安否を気遣う言葉

○○様におかれましては、お変わりなくお過ごしのこと存じます。
ご家族の皆様にはお変わりございませんか。

3.日頃お世話になっていることへのお礼の言葉

おかげ様で、こちらも一同、何ごともなく過ごしております。
日頃は大変お世話になっておりまして厚く御礼申し上げます。
平素は何かとお気遣いを戴きありがとうございます

4.お中元を頂いたことへのお礼

本日はご丁寧に、お心遣いの品をお送り戴きまして、大変恐縮しております。
お心のこもったお品を頂戴し、お心遣い、誠にありがとうございました。

5.本文は気持ちを綴る

難しく考えずに一年の出来事や、感謝したエピソードなども踏まえて、自分の言葉で素直な喜びの気持ちを伝えることが大事です。

5.相手の健康を祈る言葉

師走のあわただしい季節柄、皆様どうぞご自愛くださいませ。
くれぐれも体を大事にされて、良き新年をお迎えください。

6.結びの言葉

略儀ながら、書中をもちまして御礼申し上げます。
先ずはお礼方々ご挨拶まで

6.最後に

最後に、日付、差出人の名前、 住所などを書きます。
妻が夫に代わってお礼状を書いたときは、夫の名前の脇下に小さめに「内」と書き添えるようにしましょう。

 

お歳暮の事あれこれより引用

 - 地域, 時事問題