気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

今更聞けない!お歳暮って何??

      2015/10/20

歳暮(せいぼ)とは、もともと

「年(歳)の暮れ」

を指す言葉です。

1月から12月まで決められている、12月の季語でもあります。
日本では1年間でお世話になった方々に対し、1年の暮れに感謝し、贈り物を持参するような習慣がありました。
これを

歳暮回り

と呼ぶようになり、この贈答品そのものが、いつしか「御歳暮」などと呼ぶようになったと言われております。
ひと昔前は、会社の上司や親戚やお世話になってる方々への慣習的な贈答品が主でしたが、現代では、近親者に対しての冬のギフトとしても使われるようになっています。
又、送り方に関して本来は、先方宅に持参するのが正式でしたが(そんな事を知らない方も多いのでは・・・)、
最近は百貨店からの配送や、インターネットの普及等により、インターネットなどの通信販売でのお届けも広く世間には認知されていると言えます。

御歳暮を送る時期

御歳暮を送る時期は、地方によって若干異なってくるようです。ですが一般的には、毎年11月末か12月初旬頃から、12月中旬頃から下旬頃までとされています。関東では、11月末から12月31日まで。関西では、12月初旬から12月31日までとされています。年内に間に合わなかった場合はとゆうと、お年賀として贈りましょう。関東地方では、松の内である1月7日まで、関西地方では、15日までにはお年賀として贈りましょう。

そして、贈る内容(物)によっても、時期は考えましょう。お正月に食べる生鮮食品等は、あまりにも早く届きすぎても、先方に迷惑がかかる事もあるでしょう。だからといって、暮れ真っ只中の忙しい時期に贈るのもどうかと思いますので、正月準備が本格的に始まる20~25日くらいまでには、届くように配慮する事も重要ではないでしょうか。

お歳暮の予算

お歳暮の予算、気になるところですよね。価格のおおよその目安としては、3,000円~5,000円程度くらいのものが一般的なようです。贈る相手やお付き合いの度合いによっても、多少価格は変わってきます。
両親や上司などの目上の方に対しては、5000円程度。友人や親戚などには3000円~4000円程度がおおよその目安となってきています。
特別にお世話になっている、といった理由で、1万円を超えるような高価な内容だと、逆に相手を困らせてしまう事もあるでしょうから、その辺りも踏まえた選択が大事といえます。
いずれにしても、高かろう良かろう、安かろう悪かろう、ではなく、値段で決める前に、いかに相手が喜んでもらえるかとゆう所が、一番のポイントでなないでしょうか。

まとめ

少し簡潔にはなりますが、御歳暮の事をまとめてみました。
より詳しいお歳暮の事あれこれとゆうサイトもございますので、よろしければご覧になってみてください。



 - お得情報, 時事問題