気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

2016年に向けてグルメ部門1位のおせちを頼もう!

      2015/10/20

正月の楽しみといば、御節(おせち)料理ですよね。おせち料理とは、正月に食べるお祝いの料理ですよね。「おせち」とは本来、暦上の節句(節供)のことを指すようです。だけど、なんとなく言っている「おせち」の詳しいことをご紹介していきますね。



おせち料理の由来

「おせち」を漢字で書くと上記にもありますが、『御節』という書きます。元々おせちとは「節供(せっく)料理」の意味で、五節供の料理の一つなのです。五節供とは、わかりやすく書くと、一月一日の元旦、三月三日のひな祭り、五月五日の端午の節句、七月七日のたなばた、そして、9月9日の重陽(ちょうよう)の5つの節供(節句)をのことをいいます。五節供の料理とは、平安時代のころからおこなわれていた朝廷の『節日』に行われる行事「節会(せちえ)」で神様に供えたり、食べたりしたご馳走の事で、そのご馳走を「御節供」(おせちく)といい、それが後に「おせち」と略すようになり、おせちは、現代の日本の伝統的な食文化として、強く根付いています。

重箱にも意味がある

めでたさを重ねる。おせちを重箱に詰めていくのには、そんな素敵な願いがあるようです。重箱は四段重ねが基本で、順番に一の重、二の重、三の重、与の重、と呼び、四段目のお重を「四の重」と言わないのは「四」が「死」を連想させ古来から縁起が悪いとされているからです。最も代表的なおせちの詰め方を紹介します。

一の重・・・黒豆、数の子、ごまめ(田作り)などの祝い肴〔ざかな〕
二の重・・・伊達巻や栗きんとんのような甘いもの
三の重・・・魚や海老の焼き物など(海の幸)
与の重・・・野菜類の煮物などの(山の幸)

【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

おせちに詰める料理には意味がある

おせち料理のラインナップとしては、しっかりと意味があるものが大半で、子孫繁栄や無病息災、五穀豊穣などの縁起物が多く入れられています。一年の初めにきちんとしたものを食し、一年の安穏を願うという意味もあります。
引用元:wilipedia
数の子
数の子は鰊(にしん)の卵で、卵の数が多いことから子孫繁栄を願って縁起物として。
黒豆
黒には魔よけの力が有るとされていたので、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願ったもの。
田作り
田作りは別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、片口イワシの稚魚を干したものを醤油風味の飴炊きにしたもので、田畑の高級肥料として片口イワシが使われていた(イワシを肥料とすると米が豊作となった)事から豊作を願って食べられた。
海老
長寿を祈願した縁起物(ひげが長く腰が曲がっている様子に由来)。また、海老は脱皮することから生命の更新を意味するもの、または、脱皮を繰り返していくことから出世を願うものとされる
鯛(タイ)
めでたい」の語呂合わせ
鰤の焼き物
出世を祈願。出世魚であることにあやかったもの。
鰻の焼き物
鰻登りから出世を祈願。
昆布(昆布巻き)
「喜ぶ」の語呂合わせ。「昆布」に「子生」の字をあて子孫繁栄を願ったものともいわれる。
紅白かまぼこ
形状が初日の出の形に似ることから用いられ、赤色は魔除け、白色は清浄を意味しています。紅白の色が縁起が良いとされています。
伊達巻き
巻物(書物)に似た形から文化・学問・教養を持つことを願う縁起物。
栗きんとん(栗金団)
搗ち栗は「勝ち」に通じることに由来。「金団」とは金色の団子という意味で、金銀財宝を意味しており金運を願ったもの。
八ツ頭・里芋
親イモが大きいことに因んで頭(かしら)になることを願うもの。また、里芋は親芋に子芋がたくさん育つことから子宝を願ったものとされる。
お多福豆
文字通りが多からんことを祈願した。
花蓮根(蓮根)
穴が多数ある蓮根は将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎ。この孔が空いていることから将来が見通せるようにとの意味のほか、花蓮根には花の後に実を結ぶようにとの意味がある。
くわい
最初に大きな芽が一本出ることから「めでたい」にかけたもの。芽が出ることから出世を祈願したもの。また、古くは平仮名の「か」を「くわ」と表したので、くわい=かい=快から、一年を快く過ごせるように。
紅白なます
祝い事に用いる紅白の水引にあやかる。
干し柿
干し柿の皺を老人の肌に見立てて、長寿への願い。

料亭おせち

現代のおせち

昨今では、少子高齢化、核家族世帯の増加、若者の地元離れ、、、などによりお正月に大勢でおせち料理を囲む。なんてゆう家庭も少なくなってきてるのではないでしょうか?一から、手間暇をかけておせちを大量に作ることも少なくなってきているようにも感じています。ですが、今や有名料亭ホテルのおせち料理が簡単に、しかもお買い得に通販で購入できる時代にもなっています。時間やコストの事を考えても、ネットで簡単に、しかも本格的な味がお正月に楽しめるとゆうのは、とってもオススメといえるのではないでしょうか?早期予約でもっとお買い得になる店舗もあるので、下記のご紹介しておきますね。



 - お得情報