気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

アツ〜い夏こそ、お風呂に入ろう!

   

暑い日が続くと、わざわざお風呂にお湯をためるのもおっくうになるし、どうしてもシャワーだけになりがち。だけど、夏の暑さだけではなく、通勤電車やオフィスでの冷房、夏場の多湿といった外部環境のストレスにより自律神経の機能が低下し、体温調節障害や血行障害を生じる場合も少なくありません。デスクワーク等で冷房がよく効いた室内に長時間いると血行不良を生じ、体(手足や腰)の「冷え」の原因となります。その結果、食欲不振、不眠、倦怠感などの「夏バテ」になってしまいます。

夏疲れは、入浴でケア

入浴をすることで、温熱、水圧、浮力の3つの物理作用が効果的に働き、疲れ、冷え、ストレスの解消につながります。
少しぬるめの、35~38℃の入浴は、筋肉を緩め、副交感神経の働きにより精神的な安らぎや落ち着いた気分になれます。一方、少し熱めの42~44℃の入浴は、交感神経を刺激して、新陳代謝を高め心身共に活動的にします。また入浴時の水圧により、肺容量が減少して呼吸数が上昇し、心臓の働きが活発になり全身の血行が良くなります。更に、水中では身体が軽く感じられるため、日中のだるさを感じなくなり、心身ともにリラックスできます。

夏場に最適な入浴方法

ぬるめ(37℃前後)のお湯にゆっくりと長めに入りましょう。ぬるめのお湯に入ることで副交感神経が働きだし、リラックス効果が期待できます。また、みぞおち辺りから下だけお湯につかる半身浴でゆっくり入浴することもオススメです。お風呂上りもたくさん汗をかくことなくさっぱりします。

あつめ(42℃前後)の湯に入る時は、短時間で入ること。血行をよくし、疲労物質を早く取り除く効果が期待できます。入浴効果を高めて血行を促進する入浴剤を利用したり、翌日に疲れを持ち越さないように好きな香りの入浴剤でリフレッシュするのもおすすめです。

ただ、夏の暑い時季で、入浴する際は汗の量も多くなりますので、入浴後の水分補給は忘れずにしてくださいね。

まとめ

いかがですか??簡単ではありますが、夏場に最適な入浴の仕方をお伝えしました。やっぱり、仕事の疲れを取るためや、1日の振り返りをするために、お風呂でぼーっと考え事をするのもいいかもしれませんね。
よろしければ試してみてください。

オススメの入浴剤セット↓↓

 - 美容