気になる事あれこれ

当サイトの管理者が気になる事あれこれを紹介していくサイトです

紫外線のことが気になる

   

紫外線からご自身の大事な肌、守ってますか??
守ってる ”風” になってないですか??

まずは、紫外線とはなにか??からしっかり見ていきましょう^^


紫外線の基礎知識

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光のことをいいます。
UVというのは、紫外線を英語で言ったultravioletの略です。(知ってましたか??)
そして、紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類があります。そのうちA波とB波が地球に届いています。

UVBは、皮膚の表面まで届き、皮膚や眼に有害です。皆さんの大敵である日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になります。
一方、UVAは、B波ほど有害ではないといわれています。ですが、長時間浴びた場合は同じように、細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因となります。気をつけるべきは、窓ガラスや雲を通過して皮膚の奥深くまで届きます。そして、しわやたるみなどの「肌の老化」まで引き起こす原因になります。

日焼けには2種類あります

 1.紫外線を浴びた直後に現れる「赤くなる日焼け」(紅斑)を「サンバーン」といいます。ひどくなるとヒリヒリしたり水ぶくれができたりします。夏場の海水浴や長時間外にいることで真っ赤に日焼けをするのはこのサンバーンです。

 2.赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヶ月続く「黒い日焼け」を「サンタン」といいます。一般的にいわれる「日焼け」にあたります。

また、赤くなっても黒くなりにくかったり、赤くならずにすぐ黒くなったりと、人の肌によってタイプが分かれます。

紫外線量〜場所・時期〜

同じ日本でもやはり南にいくほど紫外線量が多くなり、札幌と那覇では、約1.5倍の差があります。
また、紫外線量は、5月から9月頃にかけて多くなっていきます。
紫外線が多い季節といえば、「夏」というイメージがありますが、実はそれより前から注意していないといけないことがわかります。
6月にもなると、真夏と同じくらいの紫外線対策が必要ではないでしょうか。

日焼け止め正しく使っていますか?

日焼け止めクリームは、正しく塗ると紫外線防止に非常に効果的です。
ただ、日焼け止めは知らず知らずのうちに顔をこすったり、汗をかいたりして落ちていることが多かったりしますよね。
なので、こまめに2~3時間ごとに塗りなおすことをお勧めします。

また、量についても、顔が白くなるからといって少量しか使わない人が多いのですが、正しい量を使わないと効果が不十分になります。
特に頬骨のあたりや、鼻の頭は光(紫外線)を浴びやすいところなので、念入りに塗るようにしましょう。
首や腕なども忘れずに塗りましょう。
また、使う状況によって日焼け止めの強さや種類を使い分けても良いでしょう。

ホワイティシモ byPOLA

よく見かける「SPF」「PA」って何?

日焼け止めの表面には、必ずといっていい程SPF、PAという表示がありますよね。
SPFとは、B波を防止する効果の強さを数字で示したもので、数字が大きいほど強力になります。
PAとは、A波を防止する効果の強さを+の数で示したもので、プラスの数は1個から3個まであり、3個が最も強力です。
要注意ですが、あまり強いものばかり使っていても肌に負担をかけますので、普段のお出かけは SPF15前後、PA+~++程度のもので十分と言われています。
先ほども書きましたが、2~3時間おきに塗りなおすことが大事なポイントです。

まとめ

皆さん、知ってるようで知らなかったことも多かったと思います。
紫外線には三種類があって、A波とB波が日焼けを起こす原因になります。

そして、それを和らげてくれるSPFやPAの役割も書いています。

ドラッグストアやネットで購入する時なんかも、この記事を思い出しながら見てみてくださいね^^

合わせてどうぞ^^
真夏の紫外線対策

↓↓お勧めの日焼け止めです。よろしければご参考までに^^
美白化粧品ホワイティシモ



 - 紫外線, 美容